ダンボール戦記

ダンボール戦機ていうお話はご存知でしょうかウォーズとは、ダンボール戦機Wの続編をいいます。
あらすじからもうしあげますと。前作Wから4年後の2055年。LBXは世界最高のホビーとなりプロリーグも設立されていおったのですがプロのLBXプレイヤーを養成するLBX名門校 神威大門統合学園に入学した主人公、瀬名アラタは、学園の地下に存在する全長10キロにも及ぶ謎の巨大地下施設セカンドワールドで行われるLBXによる擬似戦争ウォータイムに参加することになってしまったのです。次にダンボール戦記の登場人物についてですが、ジェノックという人物はセカンドワールドにおいて日本を模している国家です。 つぎに第1小隊 瀬名アラタは プロ志望だが親に理解がないため島にやってきて認めさせようとしているどりょくかなのです。なので熱血系脳筋。だが周囲を驚かせる発想力と行動力を持ち合わせてにんきがあります。ダンバール学園最強と恐れられるLBXプレーヤー「法条ムラク」との出会いや限りなく現実に近い戦場での戦いで成長し、学園の大きな謎に立ち向かって行くキャラクターです。つぎにアキレスディードはミーハー御用達正統派でジェノック量産機。ブロウラーフレームといい細身のブロウラーフレーム。足のローラーと6形態に変形可能なMGSが特徴です。サクヤとタケルがジンによってもたらされたデータから共同開発したアラタのためのLBX
通常状態でも高性能だが、力を解放することで強化形態「ラグナロクフェイズ」へと変形するのです。