ダンボールの基礎

段ボールの基礎知識を紹介していきます。まず段ボールは、波型に成型した中芯とその中芯に貼合されたライナーと呼ばれる原紙から出来ています。段ボールとは段ボールの種類は、一定の長さ(30cm)に波(フルート)がいくつあるかで、次のような種類に分けられます。つぎに段ボールの種類をいいますとフルートの数/30cm シートの厚み(mm)
Aフルート 34±2 約5.0 Bフルート 50±2 約3.0
Eフルート 約93 約1.8 Fフルート 約125 約1.2
Gフルート 約167 約0.9 ABフルート AフルートとBフルートの波状を貼り合わせたもの AAフルート AフルートとAフルートの波状を貼り合わせたもの EBフルート EフルートとBフルートの波状を貼り合わせたもの Nフルート ABフルートと同じ厚み・強度を持った両面段ボール 詳しくはNフルート特設ページをご覧ください。フルートによる特徴、用途
Aフルート 一般的に使用されている段ボールシートで高い衝撃吸収性があり、重量が軽い易損品等の梱包に適しています。 (引越などの箱) Bフルート Aフルートに比べ平面圧縮強さが強く、堅い物を梱包するのに適しています。 (ビールケースや機械部品などの個装箱) マイクロフルート(E・F・Gフルート) 内装箱や個装箱に多く使用されており、他のフルートに比べ表面が平滑なため高度な印刷が可能です。 (ギフト用などの美粧印刷箱) ABフルート AフルートとBフルートを貼り合わせたもの。衝撃吸収性が高く、平面圧縮強さも強いため重量物の梱包や支持部材として使用されています。(みかん箱等) AAフルート AフルートとAフルートを貼り合わせたもの。ABフルートより支持力が強く、重量物の梱包や支持部材として使用されています。