100年後のダンボール

これらが更に発展していくには、人類がどのような方向に向かうかといったことも重要な課題といえるでしょう。ダンボールの家というのは、最近でもあることは皆さんご存知でしょうが、これが車といった乗り物もつくられる時代が到来するかもしれませんね。そうなれば時代はもっとたのしくなると思います。また100年後ダンボールと言うのははたしてそんざいしているのでしょうか?100年前にダンボールがあったかどうかってご存知でしょうか。われわれもまた環境がかわりそいった包装形態というものは変わっている可能性があります。日本においては包装形態について、これまで様々な変化をしてきましたが、これからの未来についてはまた、変化があるといえるでしょう。運送形態などもかわってくるとおもいます。地上でなく空中を運ぶような仕組みができれば、ダンボールはもっと軽くなる可能性があります。その場合の素材というものはどういったことになるかわかりませんが、そういった素材の発展が今後影響をあたえることでしょう。それらの技術革新が今後のダンボールの未来をつくることと為ると思います。そしてそれらの技術革新が他の技術を牽引していくということもあるかもしれませんね。