「段ボール製造工程」

段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。その段ボールというのは、どのような工程で製造されているのでしょうか?

今回は、段ボールの製造工程について紹介していきたいと思います。

まずダンボールを製作するために、用いられるコルゲータ―と呼ばれる機会があります。このコルゲータ―は製段機になっていて、分速150mから200mぐらいのスピードで段ボールシートを生み出していくことができます。それから製造が終わると、あとは裁断や組み立てといったことをしていくのですが、これは段ボールの製造工程とは少し違います機械はコンピュータで制御されているものなので、細かなミスもなく、正確な作業を可能にしています。そして、段ボールシートになる原紙によっても、段ボールシートを作った際の強度や性能が少しずつ違います。

段ボールの製造はみな同じようにしていても強度や性能といった点では必ずしも一緒になることにはなりません。質の高いダンボールを製造するには、品質の高い原紙を使うかによって変わってきます。

構造というのはとてもシンプルにできていて、原紙の質や色などを変更することで様々な性能を持った段ボールを作ることができ、使う場所によって変えることができます。

 

このように、段ボールの製造というのはとてもシンプルなもので肯定的にもあまりない工程で段ボールを製造することができます。