「段ボール製造業」

段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。段ボールを製造はとてもシンプルで工程もあまりなく製造されます。その段ボールを作っている段ボール製造業はどのようなものなのでしょうか?

今回は段ボール製造業について紹介していきたいと思います。

まず初めに段ボールというのは、原紙を多層構造で強靭にし、多層資材などに使用することができるように加工をされたものです。

日本の段ボール産業は、朝鮮戦争時に米軍によって調達物資として指定されたことによって需要の方が拡大していきました。そして、それから高度成長期に入って木箱から段ボール箱への移行が急速に進んだことで包装資材として重要な位置を占めるまで成長しました。

段ボールというのは他の包装資材に比べても値段が安価ですむこともあり、軽量で作業がしやすく、リサイクルをすることができるという利点があるので、段ボール製造業はどんどん伸びていっています。

日本の段ボールリサイクル率は平成14年で100%になるほどで、それのおかげか、以前に使用された段ボールの古紙を再加工して新しい段ボールを生産するという流れが今では一般的な考えになっています。

 

このように、段ボール製造業は初めはあまり広まることはなかったのですが、今では包装材料としてはとても重要な位置に占めています。

なので、これからも広がっていくことを期待しています。